多くの人が答えるアパレル業界を辞める理由

アパレル業界ならではの退職理由

辞めたいと思うきっかけはどんなこと?

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

給料が低い

給料が低い

アパレル業界は給料が安いという理由が辞める理由として最も多いと予想されます。アパレル業界に入る人の多くはファッションが好きであったり、オシャレをすることが好きだからという理由で若い人が入ってきますので、入社したての頃は給料が安くても辞める理由にはならないことが多いです。しかし、結婚を意識する年頃になってくることで多くの人が給料に関して不安を覚えます。そのためある程度の年齢になってきた頃に現在もらっている給料ではこの先を考えにくいという理由で辞める人が多くいます。

必要経費がある

アパレル業界は給料があまり高いとは言えない業界ですが、この少ない給料から服を買い続ける必要があるためさらに収入が少ないと感じてしまうことがあります。服を買うこと自体はファッションが好きな人が多いことから苦しく感じる人は少ないと思いますが、自社のブランドを買う必要があるため本当に好きな服を着ることが難しくなります。こうした制約がある中で月々に数万円が必要経費として消えてしまうことが辞める理由になる人もいます。

出世コースが限定的

アパレルの販売員は先がないとよく言われてしまいますが、それはアパレル業界でずっと働き続けられるような経済力を持つためには出世をする以外にないということから言われます。その出世をするためには店長になってからエリアマネージャーや現場から本社勤務になるというコースですが、このポストの絶対数が限られているため出世が難しい業界とも言えます。働き始めて数年経った頃に出世コースから外れていることを認識すると、もう先がないと感じてしまい辞める理由になる人がいます。

ツブしが効きにくい

転職を考えた時にアパレル業界以外への転職が難しいと感じる人が多いということも辞める理由となる人がいるようです。アパレル業界はツブしが効かないと感じて、まだ間に合う内にアパレル業界を辞めるという人が多いです。もちろん販売職で磨いたスキルを他の業界に活かすことが一概に出来ないとは思いませんが、かなり転職先が限定されてしまいます。
転職は30代になると採用する会社はこれから育てるというよりも、即戦力として期待される人材を採用する傾向にあるため具体的なその業界のスキルがなければ確かに難しいことは間違いありません。そのため販売職のスキルがそのまま使える業界は限定されてしまうため、転職をするなら早めにと考えて退職理由となることがあります。

転職を検討している人におすすめ!

「辞めるきっかけ」を紹介

転職を考えているけど辞める理由がこんなので良いのか、みんなの辞めるきっかけにはどういったものがあるのかと気になる人に向けて様々な仕事を辞めるきっかけについて紹介しています。当サイトのお問い合わせはopportunitytoquit@yahoo.co.jpまで

「辞めるきっかけ」を紹介