意外と知らない介護職の辞める理由

介護業界ならではの退職理由

前向きな理由も多くある

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

身体的にハードだったから

身体的にハードだったから

介護職を始めるきっかけとして高齢の方の生活を手助けしたいなどの理由が多いですが、逆に辞めるきっかけになってしまうものに身体的に厳しく続けられないという理由があります。利用者の介助は想像しているよりもずっと力を使いますし、特に腰痛は職業病とも言えるほど介護職の人は悩む人が多いです。想像よりも身体的にハードであることを理由に辞める人も少なくありません。

人間関係で悩んだから

介護の現場は職員が連携して仕事を進めていかなければなりません。そのため職員同士の距離が近いこともあり介護職は人間関係で悩み、退職につながってしまうことが珍しくありません。女性が多い職場ということもあり、意見が合わないことや考え方が違うといったことですり合わせが上手くいかないという原因が考えられます。

夜勤の存在

介護施設は様々な種類がありますが、介護施設の中には24時間体制で営業をしているところも多くあります。そのため夜勤が発生している職場も多くあるのですが、夜勤によって体内時計が狂ってしまって体調に問題を抱えてしまう人もいます。この夜勤が人によっては特にきついと感じる人もいるため、仕事を辞める理由に挙げる人もいます。もちろん夜勤のない介護施設で働くことで解消されるため、夜勤がきついと感じた人は夜勤のない介護施設へと転職して同じ介護業界で働く人も多くいます。

給料が低いから

介護職の給料の低さは社会的に問題として話題になることもあるほど介護職の給料は低いです。介護職の給料は国から支払われている部分が多いため、国レベルでの改善が必要とされています。今後は改善が期待されていますが、現状ではまだまだ低いレベルであるため介護職の人たちが仕事を辞めるきっかけとなることが多いです。

キャリアアップを考えて

介護業界はキャリアを形成していきたいと考えている人は、現在の職場でキャリアアップできないと感じると、キャリアアップをしやすい職場へと転職したいと考えるため辞めるきっかけになります。資格を複数も持っていて長い期間働いているにも関わらず、給料が全然上がらない職場では不満が出るのも想像に難しくありません。
また、キャリアアップに近いところで他の介護施設での経験が欲しいと考えることも辞めるきっかけになります。介護施設は複数の種類があるため、現在働いている職場にはない介護が別の職場ではできることもあります。そのため自分のしたい介護を求めて辞める人も少なくありません。

転職を検討している人におすすめ!

「辞めるきっかけ」を紹介

転職を考えているけど辞める理由がこんなので良いのか、みんなの辞めるきっかけにはどういったものがあるのかと気になる人に向けて様々な仕事を辞めるきっかけについて紹介しています。当サイトのお問い合わせはopportunitytoquit@yahoo.co.jpまで

「辞めるきっかけ」を紹介