辞めるきっかけとして一般的に多い理由

一般的に多いのはこんな理由

様々な職業に共通している辞める理由

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

残業が多い

残業が多い

一般的な辞める理由に多いのが、労働条件が自分と合わないことや、残業が多いなどがあります。残業は特にサービス残業が多いなどの理由もあり、社会的にはサービス残業は減っているものの、まだまだ残業した分の手当がつかないことに悩む人も多いのが現状です。
就業時間を過ぎてから残って仕事をすることが当たり前という社風ができてしまっている会社であれば、先に帰ることも難しいため半強制的な残業をすることになります。仕事で残業をする必要があるのであれば納得して残業をすることもできますが、特にすべきこともないのに残業をしていることは無駄に感じてしまうことは当然です。この無駄な残業や長い残業などは特に仕事を辞めるきっかけの一般的な理由となります。

給料

20代〜40代の人たちで平均して10%程度の人たちが給料が低いと感じること、収入が少ないことが辞める理由になっています。50代前半の男性では特に給料が低いことを理由に辞める人が多いため、年齢が高くなっていくにつれて給料が低いことが辞めるきっかけにつながりやすくなっています。
若い世代の人たちはある程度給料が低くても仕方ないですが、上の人たちを見て将来的に自分はどれほどの給料を得ることができるかは想像がつきます。そのため、自分が上の人と同じ年齢となった時の給料を想像して低いと感じることも辞めるきっかけとなります。給料に見合った仕事量でやりがいを持って働くことができれば良いですが、やりがいを持って働いていても仕事量に対して給料が割に合わないと感じると辞める理由となってしまいます。

人間関係

社会に出て働く10代の男性は人間関係が辞める理由として31.7%とほかの世代と比べてとても多く、逆に年齢を重ねていくことで減少していく傾向にあります。そのため人間関係は特に若い人が辞める理由となりやすいです。そしてこの人間関係は全体でみても会社を辞める理由に挙げる人が最も多いことも特徴です。
人間関係はどの会社でも問題になり、仕事であっても自分の合わない人と仕事をすることは嫌ですし、可能であれば仲の良い人と仕事をしたいのは当然です。同僚からの妬みや上司との関係など、当人同士で解決が求められることが多いため会社も人間関係を改善させることが難しいため辞めることにつながりやすいです。もちろんパワハラといった嫌がらせなどは会社が直接関与して解消することもできます。このパワハラも辞める理由として最近は多くなっている辞める理由の一つです。

転職を検討している人におすすめ!

「辞めるきっかけ」を紹介

転職を考えているけど辞める理由がこんなので良いのか、みんなの辞めるきっかけにはどういったものがあるのかと気になる人に向けて様々な仕事を辞めるきっかけについて紹介しています。当サイトのお問い合わせはopportunitytoquit@yahoo.co.jpまで

「辞めるきっかけ」を紹介