辞める理由を聞かれた時に押さえるべき面接のコツ

面接時に退職理由を聞かれたら?

しっかりと押さえておくと有利になる

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

なぜ退職理由を聞かれるのか?

なぜ退職理由を聞かれるのか?

転職することを考えれば採用面接はほとんどのケースで必要となります。そのためほぼ全ての人が転職活動の中で面接は通らなければならないですが、その面接では前職をなぜ辞めたのか退職理由を聞かれることが多いです。ではなぜ面接官が退職理由を聞くのかということについて知っておきましょう。ここを知っておくことで面接官の知りたいことを押さえることができます。
面接官はすぐに辞めてしまう可能性のある人と、良好な人間関係を築ける人かどうかを気にします。そのため面接官は退職理由からすぐに辞めてしまう人と人間関係を築けない人を判断しようとしていることがわかります。こうした面接官が気になっていることを踏まえて退職理由を答えることが重要になります。

退職理由を伝える注意点

では面接官が気になっているすぐに辞めてしまう人なのか、人間関係を築けない人なのかどうかを判断されることを踏まえて、退職理由を伝える際の注意点について知っておきましょう。注意点は大きく3つあり、前向きな話で終わらせること、不平や不満を言わない、表情と声のトーンに気をつけるの3つです。一つずつみていきましょう。
まず前向きな話で終わらせることは志望動機とつながるようにすることで自然と前向きな退職理由として伝えることができます。以前の仕事ではこのようなことをしており、この経験を活かして御社ではこういったことに挑戦していきたいといった具合です。そして不平や不満を言わないということに関しては当然ですが、面接官が自分の会社でも同じように不満を言われてしまうことを懸念してしまいます。最後に退職理由を伝えている際には面接官の目を見てハキハキと話すように心がけます。明るい表情でハキハキと伝えることができれば人間関係を築いていく上で問題なさそうだと思ってもらうことができます。

ウソはNG

最後となりますが退職理由を聞かれた時にポジティブな理由にしようと考えるあまり、根も葉もない理由を答えてしまうことは避けましょう。退職理由は実際にはネガティブな面が多いことも事実ですので、ウソをつきたいと考えてしまう人もいるかもしれません。しかし中途採用の場合は在籍確認や退職事由などを照会するために前の職場にお問い合わせがいくこともあります。こういったケースではウソをついていることがばれてしまいますので、採用されていてもひどい時には懲戒解雇の処分を受けることもあります。大きなトラブルにならないためにも聞かれたことにウソで答えることは避けましょう。

転職を検討している人におすすめ!

「辞めるきっかけ」を紹介

転職を考えているけど辞める理由がこんなので良いのか、みんなの辞めるきっかけにはどういったものがあるのかと気になる人に向けて様々な仕事を辞めるきっかけについて紹介しています。当サイトのお問い合わせはopportunitytoquit@yahoo.co.jpまで

「辞めるきっかけ」を紹介