辞めるのであれば円満退職のコツを押さえよう

円満退職するコツは?

知ってみると全然難しくない!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

まずは退職理由を伝える

まずは退職理由を伝える

円満退職をするためには退職理由の伝え方はとても大事なポイントです。退職の意思は同僚や部下には漏らさず、直属の上司に相談することが大切になります。同僚や部下から退職意思が上司に伝わってしまうと、なぜ相談しに来なかったのかという話し合いから始まってしまいますし、他から最初に耳に入ってしまうのは心象も良くありません。また、直属の上司よりも先に上役や別の部署の上司に相談することもダメです。そのため、他に伝える前に直属の上司へと最初に相談することが正しい伝え方になります。
伝える際には、一方的にこういった理由があるため辞めますの一点張りで、退職希望日を伝えるのは避けましょう。あくまで相談という形式から始まって退職の意思を伝えることが大切になります。上司も仕事を抱えていることは当然ですので、業務に支障の出ない時間を狙って相談する時間をもらいましょう。そして不平や不満を理由に退職することが事実であっても、建前をしっかりと用意して退職理由を伝えます。多くの場合は引き止めに合いますので、退職への意思が固いということもしっかりと伝えることもポイントです。

退職理由を考える

では実際に退職理由を伝える場面でどのような退職理由とするのが良いかについて考えましょう。ネガティブな退職理由では不平や不満を感じていたと捉えられてしまうこともあるので、基本的にポジティブな退職理由に変換します。もし時間外労働が厳しいという理由であっても、退職理由を伝える際には伝えないようにしましょう。
ではポジティブな退職理由としては、新しい環境で自分の力を試したいからという理由や、資格取得のために勉強に専念したいからです、といったものがあります。自分の人生を考えて今後自分が成長していきたいという向上心を伝えることで上司も引き止めにくくなりますし、退職理由を受け入れてくれやすくなります。また、全く事実とは異なることは後々トラブルになりかねませんので控えましょう。

注意点について

会社を退職するということは自分の業務をする人がいなくなってしまうことですので、しっかりと注意点を押さえなければ会社に迷惑がかかってしまい円満退職から遠ざかってしまいます。そのため在職中の転職活動はなるべく会社に知られないようにすること、なるべく余裕を持って2ヶ月前には退職意思を伝えること、そして引き継ぎをしっかりと行える期間を設けることの3つは最低限しっかりと守ることを意識しましょう。

転職を検討している人におすすめ!

「辞めるきっかけ」を紹介

転職を考えているけど辞める理由がこんなので良いのか、みんなの辞めるきっかけにはどういったものがあるのかと気になる人に向けて様々な仕事を辞めるきっかけについて紹介しています。当サイトのお問い合わせはopportunitytoquit@yahoo.co.jpまで

「辞めるきっかけ」を紹介